節約もするけど、贅沢もする!

節約も贅沢もたのしみたい主婦のブログ

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【ふるさと納税】北海道産とうもろこしで、つぶコーンを自作!

暑くなってくると、スーパーにとうもろこしが出始めて、
どうしても茹でとうもろこしが食べたくなるとき、ありますよね~

ということで、
ちゃんとおいしくて実がぎゅっとなってあまーいとうもろこしが食べたくて、
2年連続で、ふるさと納税でとうもろこしの返礼品を選んでみました✨

大量なので、冷凍つぶつぶコーンの自作にも挑戦しましたが、
これが想像以上に簡単で、想像以上に役立つので、かなりおすすめです!

今回の返礼品

今回選んだ返礼品は、
北海道芽室市(めむろし)のとうもろこし、ゴールドラッシュ!

※先行販売のものは、夏にはすでに売り切れになっていることも多いです。
売り切れていたら、来年忘れずに、春ごろから販売開始されるものを狙いましょう!

こちらの芽室市、なんととうもろこし生産量日本一だそうで、
そりゃおいしいとうもろこしが届くはずだ!とうきうきしながら待ちました。

ゴールドラッシュは、皮が薄くてやわらかい、ぎっしりと詰まった黄色い粒が特徴だとか。
生でも食べられる!と返礼品ページに書いてあります。
(朝採れたてのものを送ってくださるそうなので、新鮮なんですね。)

ただ、生のとうもろこしは、
日が経つと劣化しやすいので、できるだけ早く食べる必要があります!

とは言っても一気に食べたらもったいないですよね?

そこで、「冷凍つぶつぶコーン作り作戦」の出番です。
作り方は後述します👍

こんな感じで届きます

最初ちょっとびっくりするのですが、
想像していなかった「ワイルド」な感じで届きます。

半開き!!
横からヒゲと皮出てる!!(笑)

届いた瞬間、一瞬ぎょっとしました。
でもたぶん、箱みっちり閉めちゃうと、通気性?保冷?の問題でよくないんじゃないでしょうか。

ちょっとだけ・・・このワイルドな見た目、虫がついてないか若干心配になりましたが・・・
私のところは大丈夫でした☺

1本のサイズは、スーパーでよく売ってるやつよりちょっと立派でずっしり。

でも、私なぜか、もっと巨大なものが来るかと思っていて(北海道という言葉につられすぎ?)、意外と普通のサイズ感なんだな、という感想。

一応到着してすぐ、中身の確認をするため、
床に新聞を広げて1本ずつ取り出しながら確認しました。

傷んでたり悪くなっているものはひとつもなし!
皮を剥かないと中は見えませんが、全部食べ終えてみても不良品はひとつもありませんでした。

つぶぎっしり、みずみずしくて甘い!

さっそく茹でトウモロコシにしてみました!
と言っても、茹でるのはめんどくさいので我が家ではもっぱらレンジ加熱。

やり方としては、

  1. 薄皮1枚でとうもろこし全体が覆われてるくらいまで、皮とヒゲを剥く
  2. 軸が長い場合は手で折るか包丁でカット
  3. 水洗いして、大きめのラップでぴっちり巻いて密閉
  4. 1~2本なら、うちでは500Wで5分(途中ひっくり返す)

※数本まとめて処理する際は、ゴミが大量に出るので、
大きいビニール袋の中で作業して、最後ぎゅーっと圧縮して小さくします。

カットして、そのままでも塩を振ってもいいし、
塩水につけておくとぷりぷりが持続すると聞いてやってみました。

(効果はあまりわからず・・・笑)

個人的には、シワシワにならないためには、
加熱しすぎないことが一番大事なんじゃないかと思います。

特に冷凍する場合なんかは、ちょっと早めに加熱を切り上げましょう。

つぶが均一で、鮮やかな黄色で、ぎっりし詰まってて、美しい!

そしてもちろん、甘くてすごくおいしかったです!

スーパーのとうもろこしと比べて、感激するほど段違いにおいしい!!!というわけではないのですが(笑)
やはり新鮮さのおかげなのか、ジューシーさと甘さが違ったように感じました。

つぶつぶコーン作り

さて、せっかく新鮮なとうもろこしですから、
新鮮なうちに冷凍して長く楽しみたいところです。

芯からつぶをきれいに剥がして冷凍しておけば、
いつでもつぶつぶコーンを料理に使えて、すごく便利です!✨

缶詰のコーンの体に悪そうな謎の液とか、おいしくない市販の冷凍コーンより、
自分で作ったつぶつぶコーンは100%安全なので、なんの懸念もなく安心☺

しかも値段を気にせずたくさん使えて最高です(笑)

 ・  ・  ・

つぶの外し方はネットで調べると色々出てくるのですが、
私がやりやすかったのは、スプーンの柄を使ったやり方🥄

↓こんな感じの、大きめのスプーンで柄が平らなものがおすすめです。

とうもろこしは半分くらいにカットして、まな板に立てて置き、
端っこからスプーンの柄を縦にねじ込みます。

そのまま押し込んで、1列ぼろっと剥がします。

コツとしては、垂直にスプーンを押し込むのではなくて、
芯をこそげ落とすように柄を押し付けながら下ろすこと。

そして、今度はスプーンの腹を、
いま出来たすきまの隣の列(列と列の間)に差し込んで、空いた隙間の方へグイっと倒します。
(スプーンの腹の部分を指でつかんで、えぐり取るようにするときれいに取れます)

右の写真のように、粒が芯からきれいにポロっと外れて、気持ちいい。

それを繰り返して、じゃんじゃんつぶコーンを量産していくだけ。

この際、とうもろこしが加熱しすぎてやらわかくなっていると、ちょっとやり辛いので、
やはり加熱時間はちょっと控えめの方がやりやすいです。

こうしてできた粒たちを、ジップロックやラップで平らに冷凍しておけば、
いつでも手軽に使える、安心でおいしいつぶつぶコーンの完成です🎉

(つぶコーン、作ってるそばからつまみ食いが止まりません)

ペッパーランチ風ごはん、ポテサラ、オムライス、インスタント麺、お弁当にバターコーン、卵焼きに入れる、コーンマヨトースト、ピザのトッピングなど、
あると本当に便利な冷凍つぶコーン。

大量に作るとかなり疲れますが、
「この量を市販品で買うとなるとすごい金額になるよな・・・めっちゃ得だよな・・・」という達成感があります(笑)

:::まとめ:::

普段はスーパーで買っても茹でとうもろこしで全部なくなっちゃうところ、
ふるさと納税ならたくさんあるので、ふだんやらない料理にも挑戦できます。

以下におすすめのとうもろこしの返礼品を並べておきますので、
是非見てみてください!

そのほか、ふるさと納税の返礼品のレビューはこちら↓