節約もするけど、贅沢もする!

横浜・川崎エリアに住む、節約も贅沢もたのしみたい主婦のブログ

MENU

コストコで買うべき商品②豚かたまり肉(バラ・ボンレスロイン)

「コストコで買うよりスーパーの方が安く買える商品が多い」という話をしましたが、ここでは確実にスーパーよりお得なお値段の、「コストコで買うべき商品」をご紹介します。

(前の記事はこちら → コストコは節約というより「アミューズメント」

 

今回は、豚肉の巨大かたまり肉です!

特におすすめなのは、豚バラの塊と、ボンレスロインの塊。

 

ボンレスって何?って感じだと思いますが、ネットで調べたところ、スーパーでよく見るいわゆる「豚肩ロース」というやつみたいです。楕円形で、外周の上半分に白く脂身がついている、ロースとんかつとかによく使う部位ですね!

聞き馴染みがないので「???」と思うかもですが、大丈夫、いつも食べてるやつです(笑)

 

コストコの塊肉は、初めて見る人は誰でもギョッとするだろう大きさです👀

ボンレスロインはストレッチポールみたいな大きさ、豚バラは大きめのまくらを軽く超えるくらいの大きさです・・・そしてめちゃくちゃ重い・・・

f:id:kumashufu:20210326150707j:plain

上に横たわるのがボンレスロインです

 カットされた肉も売っていますが、塊肉よりは割高です。

忙しい人で、手間にお金を払ってもいい!という人は、カット肉でも全然いいと思います!おそらくスーパーと同じか、タイミングによってはちょっと安いくらいの値段だと思います。(私はケチなので、断然かたまりで買います)

 

以下おすすめポイントです。

 

コストコの豚かたまり肉 おすすめポイント

スーパーより大幅に安い

まずお値段についてですが、

ボンレスロイン(肩ロース)は100g69円、

豚バラは100g79円で売っていました。税込です。

 

スーパーだと、厚切りの肩ロースは100g79円、豚バラのブロックは100g88円(税抜)くらいなので、100グラムで見ると10円ほどの差ですが、侮るなかれ。

これが1キロになると100円、コストコの塊肉は大体4〜5キロからなので、5キロだと500円の差になります。

 

薄切り肉(切り落とし)だとスーパーで買う方が安かったりするので、

「薄いお肉はスーパー・厚切りやブロックのお肉はコストコで買う」というふうに使い分けしています!😙

 

塊肉なので使い道いろいろ

ご想像のとおり、解体はものすごくたいへんです💀

解体のやり方についてもいずれ記事にしたいと思いますが、とにかく根気と時間と広いスペースが必要・・・

 

ですが、ひとかたまりの大きなお肉なので、使い道が本当にいろいろ選べるんですよね!

 

ボンレスロインは、好きな厚みにカットしてロースとんかつ用に冷凍します。

カットした時点で、筋切りとたたきをやっておくと、調理するときに楽チンです!

また厚切りカットはトンテキやポークソテー、味噌漬けにも使えるので、このサイズを多めに冷凍しておきます。

さらに、一部をサイコロ状にカットしておけば、にんにく醤油炒めやポークチョップなど炒め物に便利です。

 

豚バラは、大部分を長方形のブロック状に大量にカットしておくのがおすすめです。

角煮やチャーシューがいつでも作れます。

また、炒め物や酢豚など別用途に使いたい時は、解凍してからさらに切ればいいだけなので、とりあえず長方形のブロックに切っておけば、使い道が限定されずに便利ですよ!

うちは、2割は厚めの薄切り(豚丼や生姜焼き用)、2割はサイコロ状(酢豚)、残りは長方形のブロック状にして冷凍します。

 

どちらも、薄く切るのはちょっと難しいかもしれません・・・

「軽く冷凍してから切ると薄切りにしやすい」という情報も目にしますが、私はそんなめんどくさいことできないので(笑)、薄切り肉はスーパーで買ってます。

 

スーパーの塊肉よりやわらかい?!

冷凍の回数の問題なのか、単純に質の問題なのかわかりませんが、

コストコの塊肉で作ったとんかつや酢豚、味噌漬け・・・やわらかいんです!

肩ロースなんて、赤身の部分が固くなっちゃうことが多いと思うのですが、コストコのボンレスロインで頑張って解体して作ったとんかつは、スーパーの厚切りの肩ロース肉で作ったものよりやわらかい気がします!✨

 

気がするだけなのでたまたまだったらすみませんが・・・

炒めると固くなってしまうのが厚切り肉の難点だったんですが、それがコストコの塊肉では解消されました!

大量に作って調理前に冷凍したもの・調理後に冷凍したもの。

どちらも解凍後もちゃんとやわらかいので、作り立てでなくてもおいしく食べられます!お弁当にありがたい!😆

 

:::まとめ:::

大家族でないとなかなか手が出しにくいコストコの巨大塊肉ですが、解体する覚悟さえ持てれば(笑)、節約にとっても役立つコスパ最強食材です。何せ、安くて便利でおいしい・・・! 

「お肉はたくさんあるから買いに行かなくていい」という精神的安定はかなり大きいです。食事のメインになることが多い食材なので、常にスーパーのお肉の特売をチェックしなきゃいけない・・・というストレスから解放されますよ。

 

逆に注意しなければいけないのは、やはり冷凍庫パンパンになる問題。

ボンレスロインは脂身が少ない&豚バラは脂身たっぷりで、基本的には用途が異なりますが、一部どちらでも作れる料理もある(例えば酢豚とか厚めの生姜焼きや炒め物など)ので、両方のお肉を一度に買うのは避けた方がいいかもしれません🙅🏻

 

冷凍庫に入りきらなくて冷凍できないなんてなったら地獄ですからね・・・

 

ただ、ひき肉と違って塊肉は比較的消費期限が長めで、3〜5日くらいは猶予があります。

空気に触れている部分が少ないので、スーパーですでに小分けにされているお肉よりも、長持ちするんですね。 

とはいえ、冷凍して長期保存するなら1日でも新鮮なうちに冷凍した方がいいので、可能であれば当日、無理でも数日中には解体して冷凍するようにしましょう!

 

私は生肉をすべて冷凍するのではなく、その日の晩御飯&おかずストックとして冷凍するようにしています👍

例えば豚バラ塊肉は、おっきな角煮を3本くらい作ってから冷凍。

ボンレスロインは、1日目はとんかつ大量生産、2日目は味噌漬け大量生産して冷凍。

牛豚ひき肉は、ハンバーグを大量生産&冷凍。 

解体したお肉をぜんぶそのまま冷凍すると冷凍庫が埋まっちゃうので、解体した日に何か作ってまず量を減らし、さらに調理してから冷凍することでお弁当のおかずバリエーション強化・・・という策で、冷凍庫スペース問題を解消しています!

 

大容量でしかも安かろう不味かろうだったら、節約といえど元も子もないんですけど、大容量で安くてしかもおいしいんです。買うしかないです。本当おすすめ!

 

 ほかのコストコおすすめ商品はこちら↓