節約もするけど、贅沢もする!

横浜・川崎エリアに住む、節約も贅沢もたのしみたい主婦のブログ

《レシ活》還元されないときの対処法&レシート撮影・保存方法

横浜市のレシ活が始まって1か月が経ちましたね~
飲食対象のレシ活チャレンジが、ものの2週間で終わってしまったことはいまだに残念ですが・・・(根に持ってる)、
レシ活バリューの方で、こつこつ順調に還元額を獲得しております。

開始前からトラブルつづき、ぐだぐだ、謎仕様など、かなり迷走している感のあるレシ活・・・
ネットやTwitterを見ていると、レシ活におおいに振り回されているひとをたくさんお見かけします。

そこで今回は、特によく見かける、
「還元されない」というお困りごとについて、勝手に対処法をご紹介します。

<レシ活>還元されないときの対処法

レシートを提出したのに、待てども待てども還元されないという方は、一度こちらを順番に確認してみてください。

①還元スケジュールを確認する

まず確認していただきたいのが、還元スケジュール
↓ここから確認できます。
【レシ活VALUE】ポイント還元について – ONEヘルプ

今日の時点で、何月何日提出分までが還元されているべきなのか、把握します。
およそ2週間後ですが、日によっては還元まで2週間以上あく場合もあるので、毎回この公式の還元スケジュールを開いて確認した方が確実です。

②レシート提出日ではなくレシート日付を見ていないか?

ありそうなのが、レシートの日付=提出日だと思い込んでいるパターン。
(我が家では割とこれが多いです(笑))

レシート日付からすると還元期間がもう過ぎているのに、還元されてない!
でも実は、レシートをアプリで読み込んだのは数日後で、還元スケジュールが次の枠だった。
なんてことも多いかもしれません。

確実なのは、読み込んだ際にレシートの裏にでも、読み込んだ日付をメモしておく。
もしくは一旦スマホカメラで撮影してから、画像としてアプリに読み込む方法。
ONEアプリの方で読み込んだ日付と画像を確認できればいいのですが、そんな気の利く仕様ではないので・・・)

「いつ提出したものか思い出せない…」という人は、”確実にこの日までに提出した”という日にちに対応する還元期間が過ぎるまで、待ちましょう。

③還元期間の最終日まで待ったか?

例えばレシートを提出したのが9/26(月)〜10/2(日)であれば、還元は10/10(月)〜10/17(月)の期間中。

このとき、10/12(水)になってたくさん還元があったが、1件還元されていない分がある!なんで?!

ということもあるかもしれませんが、こういうときは還元期間の最後の10/17(月)夜まで様子を見てみましょう。
1日ですべての分が一気に還元されることもあれば、数日にわかれて還元されることもありえると思います。早まらずに還元期限まで待ちましょう。

④実はレシート読取時点でキャンセルになっていないか?

ONEアプリでは、レシート提出が成功したように見えて、少し遅れて「キャンセル」のポップアップが下から出てくるときがあり、気付きにくいことがあります。

これは後からアプリのウォレット→アクティビティの欄で確認することができますので、知らず知らずのうちにキャンセルになっていなかったかを見てみましょう。
(その行をタップするとキャンセル理由も見られますよ)

うまく読み込めていなかったなどの場合は、再チャレンジします。
この記事の後半で、レシートを撮影する際の注意点について解説しています。

⑤規約に反していないか?

同じ店で同じ日の同じような時刻で、わざとお会計を分けたようなレシート。
家族がすでに読み込み済みだったレシート。
店名・日時・住所or電話番号など、必要事項が十分でないレシート。
保険適用診療・たばこ・金券類など、規定で「対象外」に指定されているレシート。

・・・などなど、明白にルールに反しているレシートは、受取拒否されていても文句は言えません。
(このような場合は特に連絡や通知等なしに却下されている可能性もありますね)

これは、ルールをよく読めばそんなにややこしい内容ではないので、さほど判断は難しくないかと思います。

⑥家族が提出した分ではないか?

家族など複数人でレシ活に参加している場合で、家族が読み取りしたレシートと、自分のレシートをまとめて一緒に保管していると、
後から見てどのレシートが自分に還ってくる分かわからなくなりますよね。

「このレシートの分還元されないなぁ」と思ったら、自分ではなく家族の方に還元されているかもしれませんので、一度確認してみましょう。

どれにも当てはまらなければ、問い合わせ

しかし、上記のどれにも当てはまらないのにやっぱり還元されてない!
という場合には、なにかレシートに不足や不適合があって却下されているか、運営側のミスの可能性もひょっとしたらあるかもしれません。

その場合は私たち自身ではサッパリわからないため、問い合わせをしてみてOKだと思います👍
問い合わせ先はこちら(公式)から。

・  ・  ・

ただ、私のところでは、
ほぼ毎日レシートを提出して、今のところ還元されなかったものはひとつもありません
見やすいようにレシートを撮影し、必要事項のそろった、ルールに適合したレシートであれば、そうそう”還元されない”ということは無いと思います☀

そこで次は、確実に還元を受けられるよう・やきもきしなくて済むように、正しいレシート撮影&管理の方法をご説明します。

レシート撮影&管理のおすすめの方法

①レシートを確認

まずは、提出前にあらためてレシートを確認します。
・店名
・日時
・住所または電話番号(市外局番045)
・金額
が鮮明に印字されているか。
また、対象外であるタバコが含まれたレシート、金券回数券類、病院代(保険適用分)などではないかを確認します。

※レシートに多少の折れ、汚れ、白い縦線(印字欠け)があっても還元されることは確認済みです。
できるだけきれいにまっすぐ撮影しましょう。
印字が薄くても、撮影時にはっきり読み取ればちゃんと還元されます◎

②明るいところで、見やすいように撮る

レシートがきれいに撮影されていなければ、還元されるものもされません⚠

撮影するときは、
・周りを明るくして
・スマホや自分の影が極力入らない向きで
・平らにして、まっすぐ
・極力大きく
撮影するようにすると、見やすくなります。
電話番号や日付が小さいレシートは、特に意識して鮮明さ等を工夫します。

さらに、背景が濃い色だとなおよいでしょう。

縦に長いレシートの場合は、上記①の必要事項が写っていればOKなので、不要な部分(お知らせやクレジット情報、ポイント情報など)を折って隠してしまって大丈夫です。
上下の余白が多いレシートも、そこは写さなくてOK!
必要な情報だけを、画面ぎりぎりまでアップにして写します。(ピンぼけ・白とび注意)

③提出後、裏に提出日と名前

レシートを提出できたら、キャンセルになっていないことを確認し、レシートの裏にでもその日の日付を記入しておくと、後から還元されたかどうか確認するときに便利です。

また先述のとおり、家族もレシ活に参加していて同じ場所にレシートを保管するときは、名前や印をつけて誰の分かわかるようにしておくことも大切です。

④還元の確認をする

お金が還元されるとアプリのアクティビティで確認できます。

ちなみに以前の記事で文句をたれていた「画面の右端が見切れて還元額が見えない問題」、
さっそく改善されて、すべて金額がちゃんと見えるようになっていました!
助かります、ありがとうございます😆

しかしいまだに「還元された分がどのレシートの分か」はアプリ上でわからないので、自力で確認します。

方法は2つあり、
●還元された額÷0.2(20%)の金額を算出
  ↓
 近い金額のレシートを探す
  ↓
 レシート金額×0.2(20%)でぴったり還元額になるか確認

●今の時期に還元予定のレシートを集め、
レシート金額×0.2(20%)でぴったり還元額と一致するか確認

2つめは冒頭にも載せた還元スケジュールを把握しないといけないのでちょっと面倒ですが、どちらでもやりやすい方で、どのレシートの還元なのか確認します。

確認できたら、レシートにはわかりやすい印を付けておくといいでしょう。
うちではピンクのマーカーで上部に線を引いています。

というのも、レシート提出時に「1か月保存します」と約束しているので、還元されたのを確認してもまだ保管しておかないといけないのです。
捨てたりしたらだめですよ☺

★保管場所ですが、我が家はすべてのレシートをクリアファイルに突っ込んでいます(笑)

とは言っても管理しやすいように、
・提出まだのもの
・還元待ち(提出済み)
にわけてダブルクリップで留めてます。

還元が確認できたものはピンクのマーカーで線をつけて、そのままワッサーーーっと適当にクリアファイルに放り込んでます。
マーカーも一緒にクリアファイルに入れておくと便利です♪

:::まとめ:::

やや見切り発車感というかグダグダもたもた感がつよい横浜市のレシ活とアプリONEですが、
こういうキャンペーンをやってくれるだけでもありがたいと思いましょう!

そして、問い合わせが混雑しすぎてなかなかレスポンスがないみたいなので、
自力で解決できることは自力で。

この記事で書いた確認事項をよくよく確認し、よくあるお問合せ(横浜市)も熟読し、
それでも解決しなかった場合に問い合わせを投げるようにしましょう。

レシ活に関する記事は、こちらから♬